本文へスキップ
大阪市、神戸市、伊丹市、尼崎市、西宮市、豊中市、吹田市、茨木市で示談書・合意書の作成は、行政書士なかひろ事務所へ!

電話でのお問い合わせは06-4950-0301

お問い合わせフォームはこちら

  • カートを見る

行政書士なかひろ事務所は示談書・合意書の作成を代理します。


行政書士なかひろ事務所は、示談書・合意書の作成をサポートします。

行政書士なかひろ事務所のホームページへご訪問いただき、ありがとうございます。

開業以来、中小企業支援を中心に業務を展開してまいりましたが、個人のお客様からも離婚協議書や示談書などの作成について相談を受ける機会が増えてきました。また企業においても、仕事上の契約不履行があった場合に契約解除の書面をきちんと作成しておきたいという要望を受けました。

行政書士は書面作成のプロです。案件ごとに詳細にヒアリングを行い、クライアントに安心していただける書面を作成いたします。書面作成を通じて、日常生活におけるトラブル、あるいは企業間のトラブルの解決に役立つことができれば幸いです。

書面作成の事例

商品画像

書面:内縁の夫との同居生活の解除

相談者 20代女性

籍は入れていないが、内縁の夫と自分の実家で同居している。内縁の夫との間には子どもが一人いるが、事情があってこの関係を解除したい。どのような書面を作成すればよいのか…

詳細を見る

商品画像

書面:交通事故の示談書

相談者 30代女性

車を運転していたところ、追突事故にあった。後遺障害は認められなかったが、相手の任意保険会社が提示してきた慰謝料の額に納得できない。保険会社は早く示談したいようだが…

詳細を見る


書面の種類

示談書
 そもそも「示談」とは、紛争が起こった場合に、当事者が話し合いで解決することです。法律上「示談」という言葉は存在しませんが、「和解※」と同義語だと考えてよいでしょう。

※和解…和解は、当事者が互いに譲歩してその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。(民法第645条)

弁護士費用や訴訟費用がかからず、日数ももかかりません。示談するためには、お互いが譲歩して解決方法を模索する必要があります。
 しかし示談した後、その内容について証拠がなければ、後で「言った、言わない」の話になりかねません。そこで必要となるのが
示談書です。示談書には、合意した内容と日付を記載するとともに、紛争の当事者が署名捺印しておきます。金銭にかかわる内容であれば、強制執行ができる公正証書にしておくことも検討する必要があります。

 示談書に記載する内容については、十分に検討する必要があります。記載されている内容については、当然お互いに合意があったものとなりますが、逆に言うば記載されていない内容については、合意していないものとなります。通常、示談書には
「本契約書に記載した以外に権利義務のないことを確認する」といった文章を入れて最後を締めます。示談書を作成したことで逆に自らの首を締めてしまわないように、注意が必要です。

離婚協議書
 夫婦が別れることになる場合、問題になるのはどのようなことでしょうか。婚姻期間中に築いた財産の配分や、子どもがいる場合は、養育費の額や支払う期間も決めなければいけません。また妻と夫のどちらが子どもを監護するのか、子どもと面会する方法、頻度、場所なども明確に決めておく必要があります。どちらかが不貞行為を働いた場合、慰謝料の額も決めておくことも必要でしょう。
 離婚協議書は、上記のような取り決めを書面で残すものです。通常、離婚協議書は公正証書にします。公正証書にすることによって、例えば養育費の支払いが滞った場合、裁判の判決を得ることなくして強制執行が可能になります。ただし強制執行を行う場合は、少なくとも債務者の職場や財産を預金している銀行を把握しておくことが必要です。

 
合意書
 示談書とほぼ同義語であると考えてよいと思いますが、「示談」よりも若干ソフトな印象を受けます。「合意書」や「示談書」など呼び方が変わっても、記載する内容は変わりません。例えば個人間のトラブルがあって、その原因となった事実関係、損害賠償額、支払う時期、支払い方法など、いずれもしっかりと特定しておくことが必要です。

示談書・合意書作成代理 3万2,400円
公正証書にする場合 2万1,600円(追加)

行政書士には業務上知りえた秘密に関する守秘義務があります。
安心してご相談ください。
お問い合わせは下記事務所までお願いします。
行政書士なかひろ事務所行政書士なかひろ事務所
TEL 06−4950−0301
営業時間 月〜土 午前9時〜午後8時
日曜・祝日は行政書士直通090−8884−5346までお願いします。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けます。
k5gyousyo@gmail.com までお問合わせください。

事務所所在地 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番2号 塚口さんさんタウン2番館2F
代表 行政書士 中廣琢二

対応地域 伊丹市・尼崎市・宝塚市・川西市・猪名川町・西宮市・芦屋市・神戸市東灘区・神戸市灘区・神戸市中央区・神戸市兵庫区・神戸市須磨区・豊中市・箕面市・池田市・能勢町・豊能町・吹田市・茨木市・高槻市・島本町・摂津市・大阪市淀川区・大阪市東淀川区・大阪市西淀川区・大阪市北区・大阪市中央区・大阪市西区ほか。
上記区域のほか、大阪府・兵庫県・京都府・奈良県で対応致します。

相談の多い書面

  1. 離婚協議書
  2. 示談書(個人間のトラブル
  3. 契約解除(企業間のトラブル)
こんにちは。行政書士の中廣です。トラブルの解決に向けて、ようやく話がまとまった後、何か一筆とっておかなければ不安ではありませんか?被害者あるいは加害者の双方が合意した内容を書面で残しておくことにより、後々の紛争を未然に防ぐことができますよね。
行政書士は書面作成のプロです。あなたにとって最適な書面を作成いたします。お気軽にご相談ください。

事務所情報

行政書士なかひろ事務所

〒661-0012
兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番2号 塚口さんさんタウン2番館2F
TEL.06-4950-0301
FAX.020-4664-1523
日曜・祝日は行政書士直通
携帯.090-8884-5346
k5gyousyo@gmail.com
→なかひろ事務所のお問い合わせフォームはコチラ

googlebd4784ba9c4bef71.htmlへのリンク

スマートフォン版